やっぱりアネラはウエディングが1番人気でした。

c0072971_9511625.jpg

こんにちは、アシスタントのクロです。
最近グッと寒くなってきて、事務所でもガスストーブが登場してきました。
もちろん、お花のある所は暖められないのでお花屋さんにはつらい季節です。

そこに比べると伊勢丹でのお仕事はとても快適です。
シャツ1枚でも大丈夫です(実際にはそういう訳にはいきませんが...)
伊勢丹のお店も3ヶ月になり、包装やお会計,ご案内などにも慣れてきました。
アネラでは長く、ウエディングを専門に行っていて、一般の方に広く小売りをする、ということがなかなかありませんでした。
ですから足りない部分やこれまでに無いお客様のいろいろなご要望を頂き、とても勉強になります。
そんな中で思う事は、やはりまだまだお花を身近に飾られる方というのは少ないかな、と思いました。
プリザーブドフラワーなんて何年もそのままの状態が保たれて、値段も生花にだいぶ近付いてきたのにお祝い事にとりあえず買われて行く方がほとんどです。
とにかく値段、とにかくボリュームというお客様が多く、少し寂しい気持ちになるときがあります。
でも最近は、ウエディングブーケだけやヘッドドレスだけでなく、マミ先生のかわいくて個性的なキャンバスアートをセンスの良いお客様や流行に敏感そうな若い方が
「これすごくかわいい!」
「こんなの見た事無い!」
なんて言ってお求め頂く機会が増えてきてとても誇らしく、うれしくなってきます。
「わかる人にはわかるんだ!」
とあまり売れなかった日には自分を慰め、どうしたらもっといろいろな人に
「フラワーアーティスト・マミ山本はお花だけじゃなく、こんな素敵な作品も作っているんですよ!」
と伝えられるか考えています。
c0072971_9555380.jpg

でもやはり長くウエディングのお仕事をしているので、ウエディング関連の商品が一番反応がいいです。
特にマミ先生が作るウエルカムボードは素敵なお花とキュートな絵、そして暖かいメッセージが1つになった他にはない、世界でたった1つのオリジナル作品なのでとっても人気があります。
少し前の記事ですが、ELLEオンラインさんでanela マミ山本の作品が取り上げられていました。
http://www.elle.co.jp/love/pick/10_0823/4
http://www.elle.co.jp/love/pick/10_0823/6#subtop

他にもいろいろご紹介したい作品が沢山ありますが、宣伝ばかり長くなってしまうのでまた次の機会に。
気になった方はぜひ伊勢丹新宿店本館5階までお越し下さい。
これからご結婚される方は必見ですよ。

このブログを応援クリックする。
c0072971_0392964.jpg

by domicyama | 2010-11-12 09:57 | メディア | Comments(0)

フラワーアーティスト・マミ山本(anelaアネラ主宰)のウエディング・撮影現場での出来事や、普段感じたこと