週末のウエディング

先日のウエディング
会場装花はもちろん
ブーケとコサージュを担当しました。

今回は新婦がご本人のお母様が着られたドレスをリメイク。
ところどころのこだわりがとても素敵でした。
今回はいろいろ悩まれましたが白とグリーンのクラッチブーケをご注文頂き
グリーンの紫陽花をベースにバラのシェドゥーブルをざっくりと束ねました。
持ち手のリボンはベージュピンクの光沢のある太めのサテンリボンとブラウンと紺の細めのリボンをたくさん垂らしました。
c0072971_13564373.jpg

2次会のお色直しはリストレットブーケとショルダーをお花で作りました。
c0072971_13595596.jpg

バラのアプリコットファンデーションやフェアビアンカなど丸いシルエットのクラシカルなイメージのものをメインにしてコーディネートしました。
お花でがらっと変わりますね。
素敵でした!

耕平さん♡裕子さん本当におめでとうございます!!

お二人とのお打ち合わせはいつも本当に楽しかったです。
とくに新婦の裕子さんはとてもお花にこだわってくれていましたので、一度会場でお打ち合わせをした後にも私のアトリエまで来てくださり、細かいお花のテイストや色合いなどを再度、実際に花をご覧頂いたりしてイメージをかためたりしました。
それだけに私も裕子さんのイメージを精一杯、形にできるようにがんばりました。
それと何よりもうれしかったのは裕子さんが私の提案するスタイルについて、すべて信頼してお任せしてくださったことです。ありがとうございました。

お二人のパーティを担当させて頂いて私にとって本当に素敵な思い出になりました。

いつまでもお幸せに。

このブログを応援して下さる方はこちらのクリックをお願いします。
by domicyama | 2012-09-06 14:36 | マミ日記 | Comments(0)

フラワーアーティスト・マミ山本(anelaアネラ主宰)のウエディング・撮影現場での出来事や、普段感じたこと