新婦から写真が届きました!今回お作りした花冠のこと。

写真が届きました。
c0072971_1982418.jpg

お2人は2月14日のバレンタインデーに名古屋で挙式されました。
とっても素敵な写真なので私まで幸せ気分です。
本当におめでとうございます!!

私は新婦の花冠とリストレットと新郎のブートニアを制作しました。
とても似合っていてホッとしました。良かったです♪

今回制作するにあたって考えたいろいろな事を書いてみます。
材料はブルースターとアジサイとバラのプリザーブドフラワーです。
なぜ生花ではなくプリザーブドフラワーにしたのかというと...
名古屋に挙式前日に配送するということもありましたが、
ブルーの花は生花だと種類も少なく色合いも紫よりのブルーが多いので
今回のようにドレスのリボンに合わせたティファニーブルーのイメージなら
ブルーの色が何種類も豊富にあるプリザーブドフラワーが絶対お薦めだからです。

あと花冠のデザインについてですが、いちばん大事なのは太さですよね。
例えば、小花をつなげた細みの花冠にするか、ふわふわの花でボリュームを出すか、ナチュラルなグリーンで髪に自然に絡めるようなデザインにするか...
イメージに合わせて、付け方やまた使う花よっても花冠のデザインは変わりますのでトータルにバランスよくデザインを考えるのはとても難しいです。

私はいつもその方の顔の輪郭やドレスのイメージ、ヘアスタイルなどに
合わせて花冠のデザインを提案していますが、今回のようなプリザーブドフラワーを使って作る場合も重要なポイントになりますね。
生花とは全く違った印象になりますから。

今回お作りしたプリザーブドフラワーの花冠はとても軽やかにふんわりとしたイメージになりますのでボリュームを出しても重たい印象にはならないですよね。
ドレスもチュール素材のフワフワとしたものでしたのでふんんわりしたあじさいを合わせました。

まだまだ人気の花冠、毎週のように制作しています。
制作していて日々考えている事を書いてみました。
何通りもイメージを変えて作れる花冠だから、その方に合ったスタイルで素敵にコーディネートしたいです。



人気ブログランキングに参加しています。


よろしければマミ山本への応援クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ


by domicyama | 2015-02-28 19:45 | マミ日記 | Comments(0)

フラワーアーティスト・マミ山本(anelaアネラ主宰)のウエディング・撮影現場での出来事や、普段感じたこと