<   2005年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

明日のブーケ

明日のブーケ。
今日もやっと制作が終わりました。
c0072971_23465767.jpg

白いブーケはスプレーウイットを贅沢にたくさん使用したコロンとしたラウンドブーケ。
間にホワイトスターをチョコチョコとのぞかせたかわいらしいデザイン。
c0072971_2349092.jpg

色ブーケ。
白のブーケとガラッと変えたイメージでとのオーダーでした。
今回はオールドローズ系のバラ「イブシルバ」「イブピアッチェ」クリーム色の「アイボリー」
ピンクベージュの「サハラ」という4種類のバラを使用してアイビーをくるくると巻いたり飛ばしたり
して作ったクラッチブーケ。ザックリとナチュラルに束ねています。
ドレスは1着でブーケを2つご用意してお花でイメージチェンジします。
喜んでくれるかな。

c0072971_2359548.jpg

明日のご両親贈呈用のお花はプリザーブのレイです。
とても珍しいですよ。こういうかたちは私も始めて作ります。
花束ではなくてリース状のものにしてお母様の首から掛けてあげたいとおっしゃってました。
素敵ですよね。プリザーブなのでその後もずーっと飾れますから。
あとリボンをつけて出来上がりです。

明日が楽しみです。

人気ブログランキング現在12位くらいです。
応援おねがいします。応援する
by domicyama | 2005-04-23 00:03 | マミ日記 | Comments(0)

レースのブーケ

レースのブーケが今、売れてます。
c0072971_21301926.jpg

一年前になりますが「花時間」という雑誌の中で紹介されて以来、問い合わせが続いているうちのお店の人気ブーケです。

先日も千葉のほうからわざわざこのブーケを買いに来てくれました。
沖縄で式を挙げるのだそうです。

なぜこのブーケが人気なのか.....
「花時間」の新しい企画で異素材ブーケの特集ページで私の提案したものはこのレースのブーケと毛糸のブーケ、リボンのブーケ、ビーズのブーケでした。
最初に企画をいただいたときは、私はあくまでも生花のブーケが作りたいのに...私にできるのか。と不安でいっぱいでしたがいざ作ってみるととてもかわいく楽しくできました。
でも、雑誌には紹介されたけれどこのブーケ達を実際の式で持とうなんて思う方がいるのでしょうか?と疑問でした。でもそんな心配は全く無く、いまだにこちらのブーケをとオーダーくださるお客様が続いているのです。

意外と生花以外のかわいいブーケを探していらっしゃる方やみんなとちょっと違ったおしゃれなブーケを探している方、海外挙式の方で自分の気に入ったブーケを海外にもって行きたいと考えている方など目的はさまざまですが、この異素材ブーケそれぞれの用途にあった形で今人気沸騰中です。
c0072971_21573253.jpg

c0072971_2213732.jpg

c0072971_22132256.jpg


リボンのブーケやフエルトのブーケなども私の本で紹介しています。
また5月からワンデイレッスンでレースのブーケの作り方をやりますので興味のある方は、今月発売される花時間のお知らせをご覧ください。

まだまだいろいろな素材のブーケに挑戦していきたいと思ってます。


人気ブログランキングに参加しました。応援おねがいします。応援する
by domicyama | 2005-04-20 22:27 | マミ日記 | Comments(0)

上海なフェアー

今週もブライダルフェアーがありました。
今回のテーマは「上海モダン」???だそうです。
担当者の方がこう言っていました。
c0072971_23301042.jpg

ゲストテーブルのアレンジ。
上海の船をイメージしてお花を浮かべて両サイドには布を巻いた鞠のような器を
つくりそこにお花を生けました。
中央のランナーがいっそう中国な感じを引き出していると思います。
c0072971_23304749.jpg

竹にリボンを巻いて着物のようなかわいいデザインのゲストテーブルです。
こんなアレンジをゲストの方々にお持ち帰りいただいたらとても喜んでいただけそうだと思います。お花はシャクヤク・胡蝶蘭・モカラなど個性的な花材でできるだけピンクのきいた原色でまとめました。
c0072971_23315667.jpg

メインテーブルは祭りです。
写真では良く見えませんがメインテーブルの花の下にもゲストテーブルとおそろいの布をたらして統一感を出しました。アレンジのデザインは竹の間からお花がポコポコと咲いているかわいらしいデザインです。
天井から吊るされたリボンやお花たちが風に揺られてとても気持ちよさそうでした。

上海のイメージ。
お花のデザインを考えるときよくアジアンテイストで....ということは言われることが多いのですが、アジアというとやっぱりバリテイストのものでどこか南国のリゾートっぽさを出すことの方が一般的にすぐに思い浮かべる「アジアンテイスト」だと思います。
今回上海を考えてみて、そのイメージはバリに比べるとどこか上品でスタイリッシュに仕上がるのかなと思いました。今回は花プラス布の提案でしたが絹のきらきらとしたテイストと花との相性がとてもよく、布のあたたかさなども加わって全体的にとても良い出来だったと思います。
c0072971_19252062.jpg
今回デザイン・制作を担当したうちの純ちゃんとコバちゃんです。
とてもがんばりやな二人です。
デザインもみんなでいろいろな案を出し合って材料集めから制作まで、お疲れ様でした。
いつもデザインやお花にこだわって、いい作品をみんなで作っていけたらいいですね。
うちにもがんばる人たちがもっとたくさん集まってほしいです。
こんなスタッフ募集中です。


人気ブログランキングに参加しました。応援おねがいします。応援する
by domicyama | 2005-04-17 19:15 | マミ日記 | Comments(1)

お店のラナンキュラス

お店のラナンです。
大輪でとてもきれいにふわふわと咲いています。一見バラにも見えるほど可憐な咲き具合です。
とってもかわいいです。
c0072971_2392046.jpg

このラナンはエムラベンダーという名前です。
ラナンキュラスは意外と色の種類が豊富な花です。
花言葉は「晴れやかな魅力」です。見たままですね。

フランスのルイ9世が、13世紀の半ばに十字軍に加わった時、
花の好きな自分の母親のために、この花をおみあげに持ち帰ったという伝説があります。
そのとき欧州に入った最初のラナンキュラスだそうです。

私はラナンキュラスの花が大好きです。
ふわふわとしていて本当に気持ちよさそうに咲いている様子がなんともいえない幸せな気分になります。
でもこのお店のラナンは咲きすぎで重くてもう限界なのです。
今週末まで楽しめるといいのですけど.....

人気ブログランキングに参加しました。応援おねがいします。応援する
by domicyama | 2005-04-13 23:16 | マミ日記 | Comments(0)

暇でした

今日は日曜日というのに現場もなく、打ち合わせもなく、一日のんびりとした日でした。
一日お店に座っているといろいろな人が通って行きました。
うちのお店はあまりお店らしくないのでお花屋さんということをみなさん知らない感じです。
たいてい「くろ」に会いに来て、帰ってしまう方が多いです。
c0072971_20211771.jpg

店先の「くろ」です。
最近、結婚しました。
今おなかに3匹の子供たちがすくすく育っています。
のんびりと気持ちいい一日でした。

人気ブログランキングに参加しました。応援おねがいします。応援する
by domicyama | 2005-04-10 20:24 | マミ日記 | Comments(0)

昨日と今日の撮影

昨日、今日と撮影でした。
c0072971_033489.jpg

モデルのありさちゃんです。
ありさちゃんとはこの雑誌のお仕事を始めたときからずーと長い付き合いになります。
かわいいですよね。
今回もブーケは5点、ドレスのページで載ります。
こんな春らしいブーケからちょっとシックなものまでいろいろあるので
見てみてください。

人気ブログランキングに参加しました。応援おねがいします。応援する
by domicyama | 2005-04-07 00:13 | マミ日記 | Comments(0)

フラワーシャワー

明日のフラワーシャワーになる花たちが冷蔵庫にいます。
c0072971_21144419.jpg
よくみるととても高級な花たちなのです。
ブーケで使うバラの残りなどウエディング用に仕入れたバラばかりなので本当に贅沢なフラワーシャワーなのです。

フラワーシャワーとは.......

教会から出てくる二人に花びらをまいて祝福することですが、
花の香りでまわりを清め幸せを妬む悪魔から二人を守るという意味だそうです。

c0072971_2123413.jpg

バラのデザート
c0072971_21232283.jpg

オールドローズのカントリーガール
c0072971_21234295.jpg

イングリッシュローズのフェアビアンカ

こんな素敵なバラの花びらに包まれる明日の新郎新婦は本当に幸せです。

人気ブログランキングに参加しました。応援おねがいします。応援する
by domicyama | 2005-04-02 21:27 | マミ日記 | Comments(1)

フラワーアーティスト・マミ山本(anelaアネラ主宰)のウエディング・撮影現場での出来事や、普段感じたこと